上越市NPO・ボランティアセンター「市民活動交流会」が、5月11日に開催されます。
今年度最初の開催となる5月のテーマは「クラウドファンディングを活用しよう」です。

近年、新たな資金調達の方法として注目を集めているクラウドファンディング。
1月のクラウドファンディング基礎セミナーに続く形となる今回は、専門の講師をお招きし、
発表・意見交換を通じて皆さんのプロジェクトの実現を手助けします!
多くのみなさんのご参加をお待ちしております。

【案内チラシ】5月11日市民活動交流会

【5月の市民活動交流会】
日時/5月11日(木) 午後7時~9時(午後6時30分より受付開始)
会場/上越市市民プラザ 第3会議室

上越市NPO・ボランティアセンター「市民活動交流会」が、3月11日に開催されます。
3月のテーマは「新しいつながりを作ろう」です。

春は始まりの季節。そこでこの機会に、市民活動に関わる人や関心のある人同士が集まり、交流・情報交換をしましょう!
自己紹介や名刺交換、ワールドカフェ形式の交流など、参加者全員が気軽に楽しく参加できる内容です。
多くのみなさんのご参加をお待ちしております。

【3月の市民活動交流会】
日時/3月11日(土) 午前10時~12時(午前9時30分より受付開始)
会場/上越市市民プラザ 第1会議室

【案内チラシ】3月の市民活動交流会

【申込み・問合せ】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639
Mail/info@kubikino-npo.jp(@マークを小文字に変えて送信してください)

新春恒例、サポセン会員と地域のみなさんをつなぐ!「春をよぶ大交流会」開催

1月27日に、上越市市民プラザで「春をよぶ大交流会2017」を開催します。
くびき野NPOサポートセンターが毎年開催しているこの交流会は、センターの会員をはじめ、くびき野地域のNPO等、企業、行政関係者などが各業種分野の枠を越え、名刺交換や情報交換の場として好評です。毎年、70名ほどが集まり賑やかに交流します。
特に、自分たちの活動やイベントをPRしたい団体、最近団体を立ち上げた方、NPOや地域づくり団体等との連携を考えている企業のみなさんにおすすめ。
交流会では、プレゼント抽選会などのアトラクションも企画しています。
団体や企業から複数名での参加も大歓迎!
新たなネットワークや顔のみえるつながりづくりの機会に、ぜひご参加ください。

 

▼「春をよぶ大交流会2017」
日時/1月27日(金) 午後7時~9時(受付/午後6時30分~)
会場/上越市市民プラザ カフェ&ダイニング「リラックス」
参加費/お一人3,500円(※立食形式・当日はアルコールが出ます)
申込方法/FAXまたは電話で申込み
申込締切/1月23日

【ご案内チラシ】春をよぶ大交流会2017
【ご案内チラシ】春をよぶ大交流会2017(裏面 申込書)

※同日、午後5時30分~6時45分に上越市市民プラザ(第3会議室)で「ボラセン新春交流会」も開催されます。
上越市NPO・ボランティアセンター利用団体、NPOや市民活動に興味のある方、ぜひご参加ください!
詳細・申込書は、上記【ご案内チラシ】に記載しています。


【申込み・問合せ】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639 FAX/025-522-6669

「クラウドファンディング」をテーマにしたセミナー&ワークショップを、1月19日に上越市市民プラザで開催します。

近年、企業や社会的事業者の資金調達やテストマーケティングの手段として注目されているクラウドファンディング。NPO等も新規事業や支援者の拡大に活用する例も増えてきました。
今回、クラウドファンディングに関心を持つ企業や個人事業主といった地域で活動する多様な主体が集まり、交流することで横断的連携のきっかけづくりとなる場として「クラウドファンディングでつながろう!」セミナーを実施します。
前半のセミナーでは、クラウドファンディング運営事業者による仕組みの紹介や実際にクラウドファンディング活用した団体による事例紹介。後半のワークショップでは、参加者それぞれが実際にクラウドファンディングにエントリーする企画を作り上げながら交流します。
「クラウドファンディングを活用してみたい!」、「もっと有効的な活用方法を知りたい!」という方におすすめです、ぜひご参加ください。

【クラウドファンディングでつながろう! セミナー&ワークショップ】
日時/1月19日(木) 午後1時30分~4時30分(受付1時~)
会場/上越市市民プラザ 第2会議室
参加費/無料

<講師・事例紹介>
●「クラウドファンディング+社会的事業の可能性」/荒井洋平氏(株式会社CAMPFIRE)
●「上越地域における活用事例」/平原 匡氏(株式会社北信越地域資源研究所)
●「データから見るクラウドファンディング成功の秘訣」/樺沢 敦氏、石川健太氏(株式会社FARM8)

<申込方法>下記のいずれかの方法でお申込みください
・FAX 025-522-6669(チラシ裏面の申込書をご利用ください)
・メール info@kubikino-npo.jp(@マークを小文字に変えて送信してください)
・お電話 025-522-6639

【案内チラシ】クラウドファンディングセミナー
【案内チラシ】クラウドファンディングセミナー(裏面/申込書)


主催/新潟県
共催/上越市ソーシャルビジネス支援ネットワーク
企画運営/NPO法人くびき野NPOサポートセンター

【申込み・問合せ】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639
Mail/info@kubikino-npo.jp(@マークを小文字に変えて送信してください)

糸魚川市大規模火災における災害ボランティアセンターの情報と当センターの動きについてお知らせします。

12月23日に、糸魚川市社会福祉協議会が災害ボランティアセンター「糸魚川市地域たすけあいボランティアセンター」を開設しました。
災害支援NPO等や近隣社協などが連携して運営しています。
現在、被災者へのニーズ調査や困りごと相談の受付、ボランティアコーディネートを行っています。

「糸魚川市地域たすけあいボランティアセンター」
場所/糸魚川市民会館内(糸魚川市一の宮1-2-1)
対応時間/午前9時~午後5時
連絡先/080-5799-5980

※ボランティア活動への参加を希望される方へ
現在、地元団体、企業、個人のみなさんを中心にボランティア活動へ参加していただき、被災された方からのご依頼に対応しています。
ボランティア募集の有無や作業内容につきましては、活動日のニーズや天候によって変わります。
前日までに、糸魚川市社会福祉協議会HPまたはボランティアセンターのFacebookページに情報が更新されますのでご確認ください。
【糸魚川市社会福祉協議会HP】
【ボランティアセンターFacebookページ】

 

◆当センターの動きにつきまして◆
新潟県内の災害支援団体とともに、ボランティアセンターの運営を支援していきます。
また、糸魚川市内のNPO法人や市民活動団体とも連絡を取りながら、連携していきたいと考えております。
情報提供またお問い合わせは、下記事務所までお願いします。

NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639
FAX/025-522-6669
Mail/info@kubikino-npo.jp(@マークを小文字に変えて送信してください)

今年で17年を迎えるくびき野市民活動フェスタ2016。いよいよ開催。期間は8月1日から8月31日まで。
くびき野地域で活動するNPOや社会貢献活動を行う企業などが、それぞれの拠点で各団体の特徴を活かしたイベントを行います。
また、今年のイベント集中日8月28日、上越妙高駅西口駅前広場を会場に、ブース展示やステージ発表、体験会を行い、子どもから大人まで楽しめるます。たくさんの楽しい出会いや発見があります。ぜひ、ご来場ください。
   詳しくはくびき野市民活動フェスタをご覧ください。

NPO法人まちづくり学校、上越市NPO・ボランティアセンター特別コラボ企画
「地域の未来の描き方」

県内各地で地域づくりに関わり、まちづくりの担い手育成等を行っているNPO法人まちづくり学校は、上越市NPO・ボランティアセンターとの特別コラボ企画「地域の未来の描き方」を開催します。
同法人では、まちづくりに関する手法をどう「現場」で活かすかをテーマとして、昨年から県内数か所で「オープンスクール」を実施。今回は、上越市NPO・ボランティアセンターが今年度より定期的に実施している市民活動団体が相互に情報交換を行う「市民活動交流会」とのコラボ企画として開催するものです。
前半は、NPO法人中郷区まちづくり振興会とNPO法人平丸スゲ細工保存会がそれぞれ活動を紹介。続いてNPO法人まちづくり学校が、未来の視点から地域づくりを考える手順である「未来デザイン」について紹介します。
後半は、ワークショップ形式で参加団体同士が情報交換します。日頃地域づくりを行う団体が気軽に話せる絶好の機会です。


日時:7月9日(土)13:30~16:30(開場13:00、会場12:00~17:30)
会場:教育プラザ大会議室
参加費:2,000円
定員: 40名
申込締切:7月6日
問合せ:025・522・6639 くびき野NPOサポートセンター

地域の未来の描き方チラシ

上越市NPO・ボランティアセンター「市民活動交流会」が、6月28日に開催されます。
6月のテーマは、「みんなに活動を知ってもらうために~SNS等の活用のしかた~」です。

最近ではスマートフォンやタブレット端末が普及し、ソーシャルメディア(SNS)を活用して情報発信を行っている団体も多くなってきました。
「SNSをどう活動に役立てていくか」、「他の団体がどんな風に活用しているか」・・・
SNSを活用した情報発信について、専門家を交えて情報交換しましょう!
これからSNSを使ってみたいと考えている団体の方も参加可能です。
多くのみなさんのご参加をお待ちしております。

【6月の市民活動交流会】
日時/6月28日(火) 午後7時~9時(午後6時30分より受付開始)
会場/上越市市民プラザ 第2会議室
コーディネーター/横山 裕孝さん(バランシングロック代表)

【案内チラシPDF】6月の市民活動交流会

【申込み・問合せ】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639
Mail/info@kubikino-npo.jp(@マークを小文字に変えて送信してください)

たくさんのご応募ありがとうございました。
書類不備等で再提出の団体以外は、受付できませんのでご了承ください。
結果につきましては、申請団体への郵送、採択団体のみHP上へ掲載させていただきます。

【問合せ】
にいがたNPO基金事務局 TEL/025-522-6639

こちらのイベントは、無事終了しました。
当日は約70名のみなさまにご参加いただきました。
今年初の試みの「地酒で乾杯!」、当センターを支えてくださる会員企業様からご提供いただいた景品が当たる「大抽選会」など、会場も盛り上がりました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。



地域をつくるみなさんをつなぐ!新春大交流会 開催

1月29日に、上越市市民プラザで「くびき野 新春大交流会2016」を開催します。
NPO法人くびき野NPOサポートセンターが毎年開催しているこの交流会は、センターの会員をはじめ、くびき野地域のNPO等、企業、行政関係者などが各業種分野の枠を越え、名刺交換や情報交換の場として好評です。毎年、70名ほどが集まり賑やかに交流します。
特に、自分たちの活動やイベントをPRしたい団体、最近団体を立ち上げた方、NPOや地域づくり団体等との連携を考えている企業のみなさんにおすすめ。
交流会では、NPO等の活動PRタイムやプレゼント抽選会などのアトラクションも企画しています。
団体や企業から複数名での参加も大歓迎!
新たなネットワークや顔のみえるつながりづくりの機会に、ぜひご参加ください。

 

▼「くびき野 新春大交流会2016」
日時/1月29日 午後6時30分~9時(受付/午後6時~)
会場/上越市市民プラザ カフェ&ダイニング「リラックス」
参加費/お一人3,500円(※立食形式・当日はアルコールが出ます)
申込方法/FAXまたは電話で申込み
申込締切/1月26日

【ご案内チラシ】新春大交流会2016

【申込み・問合せ】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639 FAX/025-522-6669

こちらの講座は終了しました。
約20名のNPO関係者にご参加いただき、ありがとうございました。


「NPO法人会計基準 正しく導入できていますか?」
「マイナンバー制度 NPOが気を付けるポイントは?」

活動計算書・マイナンバー制度を徹底解説!


くびき野NPOサポートセンターでは、1月13日に「NPOのための活動計算書セミナーinくびき野」を開催します。
NPO法人会計基準が導入され、移行していない団体は速やかな移行が求められています。また、すでに移行している団体においても、正しく導入できていない団体やスムーズに対応できていない団体も見受けられます。
講座の中では、今秋より通知が開始された「マイナンバー制度」についても、NPOや市民活動団体が留意すべきポイントを解説!

NPO法人会計基準やマイナンバー制度に関する情報を的確に捉え、団体の組織力向上や今後の活動に活かしましょう。
新制度の内容やポイントを学べる絶好の機会となっています、ぜひご参加ください!

※講座終了後には、個別相談会も実施します(要申込・先着4団体程度)


▼NPOのための活動計算書セミナーinくびき野
日時/1月13日(水) 午後1時~4時(受付12時30分~)
会場/上越市市民プラザ 第4会議室
参加費/一人2,000円 (一団体から複数名参加の場合、二人目以降1,000円に割引)
持ち物/筆記用具、団体は直近年度の会計書類2部(総会資料など)
対象/NPO法人や市民団体の会計担当者または実務担当者、行政関係者等
定員/20名

<内容>
・NPO法人会計基準(活動計算書)について
・マイナンバー制度の基礎、NPOが留意すべきポイントの解説
・質疑応答

<個別相談会>
時間/講座終了後、一団体15分程度
相談料/一団体500円
内容/活動計算書、会計の困り事などについて講師が回答します
※要申込(申込み順によっては希望に添えないこともあります、ご了承ください)

▼申込み
申込方法/FAXまたは電話で申込み
申込締切/1月8日

【申込み・問合せ】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639 FAX/025-522-6669

SAVEJAPANプロジェクト2015 新潟県内のイベントは、全て終了しました。
イベントの様子は、こちらから→「SAVEJAPAN2015 新潟会場イベントページ」ご覧いただけます。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

——————–
「にいがたの生き物保護大作戦」をテーマに、8月2日に新潟市の福島潟、9月26日から27日に小千谷市で体験型の環境保全イベントが開催されます。
このイベントは、「みんなで守ろう!日本の希少生動物と自然環境」をテーマに、全国各地の環境団体、各地のNPO支援センター、NPO法人日本NPOセンター、損保ジャパン日本興亜が協働で実施している「SAVEJAPANプロジェクト」の一環で行われるもの。5年目となる今年は、小千谷市を拠点に地域在来の生物や自然環境の保全活動に取組む「雪国自然学校」と連携してイベントを実施します。
近年、自然破壊や外来生物の増加によって生態系が大きく変化し、在来生物に危険が迫っています。今回、専門のスタッフと一緒に生物の調査を通して、在来生物や自然環境の保全について考えます。

新潟では“潟”、小千谷では“里山”の生物に注目
新潟会場では、市街地にほど近く県内最大規模の「潟」とされる福島潟で、どのような生物が生息しているのか、実際に採取や観察を通して調べます。
小千谷会場では、里山の生態系の頂点に位置するワシやタカなどの猛禽類に注目。環境省が実施した調査においても、繁殖成功率が低下しているため将来的に個体数の急激な減少が危惧されているのが現状です。猛禽類が多く集まる時期に、猛禽類が住む里山環境の保全について学びます。
夏休みの自由研究にもおすすめです、ぜひ家族揃ってご参加ください。


「にいがたの生き物保護大作戦in新潟&小千谷」
①新潟会場 ※満員御礼!終了しました
日時/8月3日 午前9時30分~12時30分
場所/新潟市北区福島潟(集合場所/ビュー福島潟 円形広場)
定員/100名(要申込、7月27日締切)
参加費/一人200円(幼児無料)
②小千谷会場 ※終了しました
日時/1日目:9月26日 午前9時30分~午後3時
2日目:9月27日 午前9時~午後3時
場所/小千谷市山本山周辺(集合場所/おぢやクラインガルテンふれあいの里)
定員/30名(要申込、9月10日締切)
参加費/1 日目のみ参加:一人200円(幼児無料)
宿泊を伴う2日間参加:大人2,500円、小中学生2,000円、幼児1,500円
(宿泊費、食事代、保険料として)

【申込み・問合せ】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター TEL/025-522-6639

今年度のフェスタは、無事終了しました。

くびき野地域で活動するNPOや市民活動の輪を広げようと、平成12年からスタートし今年で16回目を迎える「くびき野市民活動フェスタ」。

今年は、「みんなの元気がここにある」をテーマに、9月1日から9月30日まで約1か月間にわたり開催。期間中、20のNPOや市民活動団体及び社会貢献活動を行う企業が参加しました。

今回、9月6日にだいにちスローライフビレッジで開催された「イベント集中日」の様子を紹介します。当日は、時間が進むにつれあいにくの天候となってしまいましたが、各団体工夫を凝らしたブースと子どもたちの元気な声が会場を彩りました。

特定非営利活動法人くびき野NPOサポートセンターは、国税庁から「認定NPO法人」の認可を受けた法人として、寄附金控除など税制上の優遇の対象となっておりましたが、認定NPO法人の有効期限が2015年4月末となっております。
認定NPO法人制度の改正により新たに新潟県への認定NPO法人の申請作業をすすめていますが、数ヶ月の時間を要することが予想されるため、2015年5月1日以降、新たに認定NPO法人として認定されるまでの期間のご寄附については、寄附金控除が適用されないこととなります。皆様に、大変ご迷惑おかけいたしますことをお詫びいたします。
当団体へのご支援をお考えで寄附金控除をご希望の方は、恐れ入りますが、事務局までお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

今後とも引き続き、当団体の活動にご支援ご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

【PDF】認定NPO法人の期限について