フードバンク活動報告

お届け報告No.7 2021.4.30「第4回フードパントリーin上越」開催

ひとり親世帯へ食品を無料で配布するフードパントリーを、4月29日に上越市市民プラザで開催しました!
当日は上越会場で約110世帯、妙高会場(主催:あいあう食堂、協力:フードバンクじょうえつ)で約40世帯が参加。
今回は一世帯10kgのお米のほか、お菓子や加工品等の食品に加え、肌着やウェットティッシュ等の日用品も配布しました。
肌着や市民から寄せられたおむつなどの日用品の配布も好評で、連休前の食品配布も喜んでいただけました。
また、フードパントリー運営のボランティアも回数を重ねるごとに増えています。前日のお米精米作業、食品運搬、当日の会場設営など、市内企業のボランティアや高校生から幅広い世代のみなさんと一緒に運営しました。
食品をご寄付いただいたみなさま、当日ボランティアでご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

お届け報告No.6 2021.3.9「第1回フードパントリーin糸魚川」初開催

ひとり親世帯へ食品を無料で配布する「第1回フードパントリーin糸魚川」を、3月7日にビーチホールまがたまで開催しました!
今回は、一世帯10kgのお米に加え、地元のJAひすいを通じての野菜、糸魚川市内の企業様から寄贈いただいたレスキューフーズ、加工品やお菓子などが並びました。
今回は、糸魚川市内で活動する「糸魚川子ども食堂」「のうごこち」「青海こども食堂」3団体と連携し運営。コロナ禍で抱えている不安や心配事などを気軽に話せる場としてボランティアと利用者が交流するスペースも設置しました。
当日は約80世帯にご利用いただき、「初めて参加しました。糸魚川で開催してもらえて嬉しい」「子どもが春休みになるので本当に助かります」という声も寄せられました。
食品をご寄付いただいたみなさま、当日ボランティアでご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
<赤い羽根共同募金の助成を活用して開催しました>

お届け報告No.5 2021.2.8「第2回フードパントリーin上越」開催

上越地域のひとり親世帯へ食品を無料で配布する「第2回フードパントリーin上越」を、1月30日に上越市市民プラザで開催しました!
これは、今までにフードバンクじょうえつへ寄せられたお米や食品を、会場を設けて希望するひとり親世帯へ届ける取組み。今回は、一世帯10kgのお米に加え「新潟県フードバンク連絡協議会」や「JA共済連新潟」を通じて寄付いただいた食品も並びました。
当日は約75世帯にご利用いただき、「地元のお米や野菜をもらえて嬉しいです!」「いただいた食材を使って、子どもに美味しい食事を作ってあげたいです」という声も寄せられました。
食品をご寄付いただいたみなさま、当日ボランティアでご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
★妙高会場は、地元の子ども食堂「あいあう食堂」さんが運営されるフードパントリーに合わせて実施させていただきました。

お届け報告No.4 2021.1.25

昨年12月26日に、上越地域で初めて「第1回フードパントリー」を開催しました。
フードパントリーとは、フードバンクじょうえつへ寄せられたお米や食品を、会場を設けて希望する方へ届ける取組みです。
上越地域では、ひとり親世帯を対象にフードパントリーを開催しています。
第1回は、今までにフードバンクじょうえつへ寄せられた食品のほか、新潟県フードバンク連絡協議会やフードバンクしばたを通じてご寄付いただいた野菜やお菓子も並びました。
当日は上越地域を中心に約85世帯が利用。利用者からは「地元でパントリーをやってもらえて嬉しい」「食べ盛りの子どもがいるので本当に助かる」などの声が寄せられ、会場に来た子どもたちもたくさんのお菓子に喜んでいました。
また、当日は新潟県労働金庫高田支店の職員有志のみなさんなど8名のボランティアにご協力いただき、本当にありがとうございました!

パントリー開催の継続を希望する声も多く、1月30日に「第2回フードパントリー」を開催することになりました。
1月中旬までにご寄付いただいたお米や食品を、ひとり親世帯に届けたいと思います。
引き続き、食品のご支援や運営ボランティアなどご協力いただけると幸いです。

お届け報告No.3 2020.11.2

新米収穫の時期に伴い、多方面からたくさんの古米を提供いただき、ありがとうございます。
2020年9月ごろまでに提供いただいた食品も、随時福祉施設や支援機関を通して必要な方にお届けしています。
今回は子ども向けのお菓子なども寄贈いただいたので、地域の子ども食堂と「子どもの未来応援プロジェクト」へお届けしました。
それぞれの子ども食堂が、10月下旬ごろに開催した食堂でハロウィンを兼ねてお菓子を配布したようです。「子どもたちが喜んでいました!」というような声も多くいただきました。
食品をご提供いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

<ハロウィン向けお菓子や食堂に役立ちそうな食品のお届け先>
・いちょう食堂(上越市)
・糸魚川子ども食堂(糸魚川市)
・だれでも食堂(糸魚川市)
・あいあう食堂(妙高市)
・子どもの未来応援プロジェクト(県内フードバンク11団体で取り組むひとり親家庭への支援)

お届け報告No.2 2020.9.25

2020年8月ごろまでに提供いただいた食品は、随時福祉施設や支援機関へお届けしています。
また、今回も「子どもの未来応援プロジェクト」として三条市にある事務局へは持っていきました。同プロジェクトは県内のひとり親世帯が支援対象なので、保護者が調理に活用できる食品や子どもが喜びそうな食品を届けました(写真)
食品をご提供いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

お届け報告No.1 2020.7.31

2020年7月ごろまでに提供いただいた食品は、下記団体へお届けしました。
福祉機関へはお米・レトルト食品など、子ども食堂へはお米・調味料・缶詰など、子どもの未来応援プロジェクトへは調味料・レトルト食品・お菓子・乳幼児向け食品・日用品などを中心にお届けし、大変喜ばれました。
子ども食堂では、新型コロナウイルス感染症の予防対策を徹底し、7月ごろから食堂を再開する団体が増えています。
食品をご提供いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

・上越市内の福祉関係機関
・いちょう食堂(上越市)
・糸魚川子ども食堂(糸魚川市)
・だれでも食堂(糸魚川市)
・あいあう食堂(妙高市)
・子どもの未来応援プロジェクト(県内フードバンク11団体で取り組むひとり親家庭への支援)