フードバンクじょうえつ


フードバンクじょうえつのご案内~食品や寄付金を募集しています~

2020年4月「フードバンクじょうえつ」を立ち上げ、上越地域(上越市・糸魚川市・妙高市)でフードバンク活動を展開しています。
上越地域でフードバンク活動をスタートして約1年が経過しました。
地元メディアやご紹介など通じて知っていただいた方々より、お米・食品などの寄贈、運営費のご寄付をいただき感謝申し上げます。
おかげさまで、昨年度冬から2か月に1回ペースで「フードパントリー(ひとり親世帯への食品配布)」を開催し、また随時経済的に厳しい状況にある方へ支援機関を通じて食品配布を行っています。
特にフードパントリーは、毎回上越地域で約100世帯からお申込みいただきニーズも高まっていますが、こちら側の体制がまだまだ未熟なところもあり地域全体のニーズをカバーしきれていない状況です。

今後の継続開催や規模拡大を目指し、食品寄贈や寄付金を募っております。
寄付金は、食品の運搬や保管にかかる経費、食品の保管場所やパントリーの会場費、精米代などに活用させていただきます。
ご協力よろしくお願いいたします。



食品の配布について

現在、下記3パターンの方法で食品を配布しています。
①関係する行政や民間の支援及び相談機関などを通じて必要な家庭に食品を提供しています。
 (※原則、フードバンクじょうえつから個人の方へ直接提供は行っていません)
②上越市、糸魚川市、妙高市で活動する子ども食堂に提供しています。
③希望するひとり親世帯へ、会場を設けて食品を配布する「フードパントリー」を不定期で開催しています。
(開催が決まりましたら、Web等で情報発信しますのでお待ちいただけると幸いです)

フードパントリー開催時の準備の様子


食品・食材の提供受付について

個人・団体・企業など、どなたでもご提供いただけます。

<提供いただく食品・食材の注意事項>
・箱や袋など未開封のもの
・賞味期限があるもの(できれば1か月以上あるもの)
・常温保存が可能なもの
・食品表示があるもの(成分や製造元などの表記)

<お米の注意事項>
・昨年のお米(古米)可
・できるだけ玄米だと助かります(精米も受け付けています)
※子どもが安心して食べられるよう、保管状態をご確認させていただいています。

※ご提供の前にご確認ください※
現在、ありがたいことにお米や食品のご提供の問合せをいただいておりますが、ご提供いただく中に食用に適さないものが持ち込まれるケースが増えています。
提供された食品を届ける先には、子育て家庭などもあります。
子どもが安心して食べられる食品の提供を改めてお願い申し上げます。


<受付方法>
①お電話またはメール等で、事務局へご連絡ください。
②「事務局へのお持ち込み」または「スタッフによる受け取り」をお選びいただけます。
※お持ち込みいただける場合、こちらで受付しております。
・くびき野NPOサポートセンター事務所(上越市高土町1-8-7)/平日 午前9時~午後6時
アクセスと駐車場の案内はこちらから

各種ご相談について

ご寄付によるフードバンクの活動支援をご検討の方、企業や団体での「フードドライブ」実施をご検討の方などのご相談にも対応しています。
フードドライブを実施される場合、下記「子どもの未来応援プロジェクト」ののぼり旗やボックスなど貸出できます。

問合せ

フードバンクじょうえつ(事務局/NPO法人くびき野NPOサポートセンター内)
TEL/025-522-6639 FAX/025-522-6669
Mail/info@kubikino-npo.jp

新型コロナ緊急対策 フードバンク「子どもの未来応援プロジェクト」

新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、新潟県内で活動するフードバンク11団体が連携して「子どもの未来応援プロジェクト」を実施しています。
これは、個人や企業などから寄せられた食品を、支援が必要な方やひとり親家庭に届ける取組みです。

食品を受け取りたい方、食品の提供をご検討の方、寄付による活動支援をご検討の方、
プロジェクトの詳細や手続きのご案内につきましては、Webページをご確認ください。
Webはこちら(https://niigata-fblc.org/)