SAVEJAPAN「春のノジコイベント」参加申込はこちら

環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている「ノジコ」。
新潟県の上越妙高地域では山麓エリアの沢などを繁殖地にして多く生息している模様ですが、国内の生息地も局所的であり世界的には貴重な鳥とされています。

今回、「ノジコ」の生態を知り、生息環境を保全していくことを目的に、5月14日にシンポジウム、5月15日にバードウォッチングを開催します。
このイベントは、全国各地の「いきものが住みやすい環境づくり」を目指し、環境NPOやNPO支援センター、日本NPOセンター、損保ジャパンが協働で、市民参加型のプログラムを実施するプロジェクトの一環として開催するもの。
新潟県では、県内で野生鳥獣の保護管理や鳥獣被害対策に関する調査と支援活動を展開しているNPO法人新潟ワイルドライフリサーチと連携して実施します。

概要・申込方法

▼春のノジコシンポジウムin妙高
日時/5月14日 午後1時30分から3時30分(受付1時から)
会場/妙高高原メッセ 2階多目的ホール(妙高市大字田口33)
対象/小学校高学年以上がおすすめ(家族連れでも参加できる内容です)
参加費/無料

▼ノジコバードウォッチング
日時/5月15日 午前9時から11時(受付8時45分から)
集合・解散/妙高高原ビジターセンター(妙高市大字関川2248-4)
内容/専門家と一緒にバードウォッチング
定員/20名(先着順)
対象/内容は小学校高学年以上向けです(小学校3年生未満は保護者同伴)
持ち物/山歩きに適した服装(長袖長ズボン、運動靴)、飲み物、双眼鏡(あれば)
参加費/一人300円
※雨天は室内プログラムを予定

〇どちらか1日のみの参加も可能です

【チラシ】はこちら
【参加申込フォーム】はこちら

【問合せ・申込み】
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
TEL/025-522-6639 Mail/info@kubikino-npo.jp